面接で大切なこと

看護師だけの転職に関わらず、転職する場合には面接を行う企業も多いと思います。看護師に転職したいのであれば、面接では明るくはきはきと話すようにしましょう。患者さんと接する人に、暗い人がいては病院の印象が下がってしまう可能性すらあるからです。面接する人側の立場に立って、どういった人なら採用したくなるのか、ということをよく考えてから面接に臨むようにしましょう。

また、面接というと緊張してうまく話せないという人もいるかもしれません。どうしても緊張してうまく話せなくなってしまった場合、面接する人に緊張していてうまく話せないことを伝えましょう。何も話せなくなり無言になってしまう状況を避けるためです。面接は話してみてどういう人なのかを調べる過程になります。あまり構え過ぎずにリラックスして面接を受けるようにしましょう。

転職に面接は付き物です。新卒で何社も面接を受けていて、面接に慣れているという人を除いて、面接というものは緊張して当たり前のものになっています。家で練習するのは当たり前ですが、どうしても看護師になりたいという意欲を見せることができれば、面接も合格するのではないかと思います。看護師の求人は沢山あるので、もし落ちてしまってもがっかりせず、次の面接を受けるようにしましょう。どうしても看護師になりたいのであれば、落ち込まず、次のステップへ移ることが大切です。あなたを必要としている病院や患者さんがきっとどこかにあるはずですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事