一般企業から看護師転職

以前は一般企業に勤めていて、看護師に転職したという人も少なからずいます。なぜ看護師に転職したのかというと、今の仕事内容が不満だったから、手に職をつけたかったから、中には患者さんのために何かできることをしたくなったから、などという理由の人もいます。また、大人になってから祖母や祖父、父や母が病院に入院した際に、看護師に優しくされて自分もそのようになりたいと思った、という人もいます。このように看護師に転職する時には、人それぞれ理由があるものです。

一般企業のサラリーマン、またはサラリーウーマンから看護師に転職するというのは、とても勇気のいることだと思います。しかし、自分がどうしても看護師になりたいと思えば、勇気を出して、飛び込むこともできます。人生はたった一度きりしかありません。転職はしようと思えば、いくらでもすることができるのです。自分が本当に何の仕事をして生きていきたいのか、一度立ち止まってよく考えてみることも大切でしょう。

一般企業で事務の仕事をしていた人は、一日中デスクワークという場合も多いですが、看護師は立ち仕事が基本です。とにかく動くのが盛んなので、体力がないとついていくことはできません。なので、看護師になると決めたら、日頃から体力おつける努力をして、看護師になっても疲れないように、準備をしておくことも大切です。一般企業から看護師になるのには、リスクも少なからずありますが、念願の看護師になれれば、また別の働き方ができるので良いかと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事