このエントリーをはてなブックマークに追加

子育てと育児を両立できる看護師求人募集

子育てと育児を両立できる看護師求人募集
日勤のみや残業なしなどの勤務条件や24時間託児所が整っているなど育児や子育てをしながら働ける看護師の求人情報の探し方をまとめています。 next

看護師の転職と中途採用

看護師の転職と中途採用
転職する方が多いのが看護師という職種の特徴です。多くの病院でも中途採用を行っています。そうした看護師求人の最新情報が手に入ります。 next

総合病院と大学病院で働ける看護師の求人

総合病院と大学病院で働ける看護師の求人
様々な診療科があり、規模も大きく看護師の人数も組織も大きいのが総合病院と大学病院の特徴です。 next

看護師は再就職しやすくなっています

子育てのために退職し、再び看護師として働き始める人が多いのは看護師という職業の特徴といって良いでしょう。看護師資格は一生涯有効であり、更新なども特に無いため、数年以上のブランクを挟んでも看護師として再就職することは珍しく有りません

また、看護師という仕事は、特に救急病棟や急性期の病棟は率直に言って激務であるため、新卒看護師として一旦は就職するも、仕事についていけなくなって退職するという看護師も少なくないのが実情です。加えて、人間関係に悩む看護師も多く、仕事の重責と合わさって少なくない数の看護師が退職していきます。しかし、こうした退職をした看護師もその大半が「出来れば看護師として再就職したい」と考えているという統計データが有ります。

厚生労働省によると看護資格を持ちながら退職して働いていない潜在看護師の人数は55万人となっています。日本看護協会の「潜在看護職員の就業に関する報告書」によると看護師の退職理由としては出産、育児、結婚が上位を占めています。

長いブランクを挟んでいた人が看護師として再就職するために必要な事柄とは何でしょうか。それは「率直に相談する」ことであったりします。ともすれば再就職の際に採用に響くのではないかと思って、自分のブランクを浅く報告したり、休職していた理由を詳細には話さなかったりということが有ります。しかし、実際の仕事に直面すればそうしたごまかしは通用しませんので、雇用者・看護師お互いに損をするのが目に見えています。先程も述べたように、ブランクを挟んで再就職する看護師や、自己都合で退職した後にもう一度看護師を志す人は少なく有りません、医療機関側もそうした事情に理解を持っている所が意外と多いものですので、まずはしっかり自分の状況などを伝えて、相談をするのが大事な一歩となるようです。

また「最新の医療技術や新しい専門用語についていけるか」「年下であったり経験の浅いリーダーの元で働けるか」という不安を持つ方も多いですが、看護師の復帰や復職を支援する病院は増えていますし、再就職する看護師も増加しています。

平成18年度診療報酬改定により、従来の10対1入院基本料より充実した看護体制である「7対1看護配置(7対1入院基本料)」が新設されました。これは入院患者7人に対して看護師を1人以上を配置するというもので、より多くの看護師が必要とされるようになりました。病院側も多くの看護師を確保するために潜在看護師と呼ばれる看護資格を持ちながら出産や結婚などをきっかけに退職したナースの復職や復帰を支援する制度を手厚くするところが多くなっています

ブランクがあるけどやっていけるかと不安に思う必要はなく、病院の方からぜひ働いてほしいと望まれる時代になってきているのが現状です。

看護師の働き方も多様になってきています

看護師として勤務する職場として一般的なのは病院やクリニックですが、その中でも外来での勤務と病棟での勤務や手術室やオペ室勤務等があります。病院以外の勤務先としては、有料老人ホーム、特別養護老人ホーム、グループホーム、介護老人保健施設、デイサービス、訪問看護などがあります。

福利厚生として多いのが育児関連の制度です。勤務中に子供を預けられる24時間託児所や院内保育といった制度は有難いです。休日についても有給の日数が多かったり、残業少なめ、土日休み、年間休日が120日以上というところも多くなってきています。また、日勤のみや夜勤専従から2交代制や3交代制といったシフト形体や未経験者歓迎といったスキルの点まで幅広い条件が設定されています。

診療科の希望についても、産婦人科、小児科、循環器内科、精神科といった一般的な希望だけでなく、救命救急センター、リハビリテーション科、脳神経外科、腫瘍治療科、乳腺甲状腺外科、不妊内分泌科、心臓血管外科など、細かく希望を設定して探していくこともできます。

給与は都道府県や勤務先、働き方によって変動が大きいですが、正看護師の場合は年収が400万円から530万円、准看護師の場合は年収が320万円から500万円というのが平均です。もちろん、勤務地や年齢によって、さらに高くなったり、低くなったりします。時給で働く場合も差は大きく1000円程度から2500円以上になることもあります。

産後の看護師の再就職

産後の看護師の再就職は、産後3ヵ月程度で働き始める方や一年くらい経過してから再就職をする方、子育てが一段落ついてから再就職をする方など様々です。看護師の仕事には夜勤もありますし、時間外の勤務や土・日の勤務などもありますので子育てとの両立を考えるのであれば、それが可能な職場を見つける必要がでてきます。

託児設備の完備された職場など、職場に求める条件は様々ですが、まずは家族にどの程度のサポートが期待できるのかを確認しておくとよいです。家族から期待できるサポートは人それぞれですから、それを把握したうえではたらき方を検討したほうがよいです。特にパートナーのサポートは重要です。パートナーが在宅できるときに働くなど、子育てに無理がないような働き方を選ぶとよいです。

働きやすい職場探しについては、看護師の仕事を専門に扱う求人サイトの利用が便利です。看護師の仕事や職場に詳しい求人サイトを利用することで、子育てしやすい働き方についてもアドバイスを貰うことができます。せっかくよい職場が見つかっても、子育てとの両立が難しいと続けられなくなります。夜勤専従やクリニック、介護施設や一般企業、パートや単発アルバイト、夜勤専従など様々な選択肢がありますので、自分に適した仕事を見つけるとよいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

シングルファザー

父親のみのひとり親家庭である父子家庭のシングルファザーが子育て支援のために受給できる助成金は児童扶養手当になります。父子手当は地元の市町村の役所で申請することで支給されます。